2010年4月23日金曜日

私部城(鳥取県八頭郡八頭町市場)

私部城跡(きさいちじょうあと)

●所在地 鳥取県八頭郡八頭町市場
●登城日 2008年7月5日
●築城年 不明(室町時代前期か)
●築城者 因幡毛利氏
●城主 毛利貞元、毛利豊元、山名宗詮、牛尾大蔵、大坪一之等
●別名 市場城、私都城、紀佐市城
●標高/比高 260m/120m

◆解説(参考文献「日本城郭大系14巻」等)

 前稿「妙見山城」の西麓を走る若桜街道を南下し、八頭町に入り、若桜街道から東に枝分かれした麻生国府線(県道282号線)を南東方向に向かうと、市場という地区にぶつかる。
 同線は私都川と並行して流れているが、この川の南に突き出した山に私部城がある。当地である私部(きさいち)は、私都とも書く。
【写真左】私部城遠望
 北西方向から見たもので、右側の山を越えると若桜街道に出る。左の谷を進みさらに途中で北に分岐した道を登っていくと、兵庫県境にある扇ノ山(1309m)に繋がる。

 またそのまままっすぐ向かうと、やはり若桜の方に出る。 後段で示すように、山中鹿助らが度々若桜鬼ヶ城と往来する際に使用したコースは、おそらくこの左側の谷から、山志谷(やましだに)を越えて若桜に繋がる岩美八東線(37号線)だったと思われる。


 この地域は室町期から度々、但馬守護であった山名氏と抗争を続けてきた所である。当地の国人領主だった因幡毛利氏は、八東郡に本拠を置いた矢部氏らと組み、山名氏の介入を阻止し続けている。
 その後、永禄年間になると、因幡毛利氏は山名氏と和睦をしているが、それもつかの間で、出雲の尼子氏や、安芸の毛利氏などが入ってくると、めまぐるしく状況が変化していった。
【写真左】登城口付近に設置してある私部城の説明図
 詳細な図である。図の脇に書かれている内容を読むと、昭和56年4月から58年4月まで、10数回現地を踏査し、作図したとある。

 当城の規模は、南北600m、東西400mとあり、伝承では、遺構名として、本丸、馬場が平、玄蕃が平があったという。


 「陰徳太平記」では、矢倉、一の城戸、甲の丸、三の曲輪、門前、という名称が記されていたという。
 それにしても、この図を見たとたん、あまりの郭の数の多さに驚いた。確かに、10数回も踏査しなければ、これだけの遺構を確認はできないだろう。


山中鹿助の動き

 山中鹿助が一旦因幡を離れ、再び当地に入ってきたのは、天正元年(1573)の暮れである。この当時、因幡では吉川元春が在陣し、因幡の主要な領地を押さえていた。元春は因幡の平穏を見届けると、同年10月初旬、一旦陣を引き上げ富田城へ帰還した。
【写真左】同図右下に図示された私部城附近の他の城跡配置図
 中央部に私部城があり、右側に大坪城が示されている。私部城の上部(西側麓)に、殿屋敷というところがあるので、当時はこの場所に住まいをしていたということだろう。


 すると、この機を見ていた鹿助らは、明くる天正2年正月、最初に鳥取城を攻めた。しかし、失敗し、次に狙いを定めたのがこの私部城だった。

 記録によると、私部城を攻めたのは正月5日となっているので、鹿助の変わり身の早さには驚く。基本的に彼の戦法は、大軍を率いて攻めるというより、ゲリラ的な手法が多いようだ。
【写真左】登城口付近
 上記説明図板の前の道路(道は狭い)を挟んで、反対側に登城口がある。
 なお、駐車場は説明板の左側に普通車2台程度確保できるスペースがある。ただ、1台はすでに地元の人の車が駐車してあるので、実質1台である。


 ところで、私部城のある市場地区より手前に、大坪という地区がある。今では全く標識もなく、単なる小山にみえるが、当時この場所に私部城の前城として大坪城が構築されていた。別名「鷲が城」ともいう。

 おそらく、鹿助が私部城を陥れる際には、当城でも前哨戦が行われたと思われる。

 さて、私部城での戦いでは、当時牛尾大蔵姫路玄蕃が立てこもっていた。三の丸を守備していた姫路玄蕃は、鹿助らの軍に追いやられ、本丸まで後退したものの、勝敗はつかず、鹿助は一旦兵を引き揚げたとある。おそらく別の場所へ向かう必要が出てきたものと思われる。
【写真左】登城路
 上記集落を過ぎてすぐに写真にある角に突き当たる。ここから左に折れて行くと、次第に登り坂になっていく。




 その後、3月になると、私部城には大坪一之が入ってくる。 その後の経緯については、諸説がいろいろあり、詳細ははっきりしないが、大坪一之は途中から私部城を出てしまっている。

 天正3年(1575)春になると、鹿助や尼子勝久らは若桜鬼ヶ城に入城、また亀井新十郎(玆矩)を大将として、山名藤四郎、横道源介、森脇市之正らは、この私部城に入り、二城とも尼子方の手中になった。

【写真左】かえる岩
 この写真の位置に来るまでに、数カ所の郭段が構成されている。
 このユーモラスな岩を見た時、思わず笑ってしまった。自然が作り上げたものだが、山中鹿助らが当城にいた戦国期、武将や将兵らもこの岩を見て、おそらく、同じように笑いが出たかもしれない。



 当然、毛利方としてもそれらを奪取しなければならない。当初、毛利方として山名豊国と牛尾大蔵にその任務が下った。
 しかしなかなか落ちず、時間がかかったものの、森脇、横道らが降参し、再び私部城は毛利方の手におちた。
 若桜鬼ヶ城にあった尼子勝久らは、私部城の落城を知り、しかも毛利方が次第に因幡国を包囲し始めたことから、尼子方は短期の内に因幡から一旦引き揚げた。

 どちらにしても、このころの因幡の情勢は日々刻々と変化した動きであったことや、鹿助の神出鬼没な行動について、記録も断片的なものしかなく、実際はこれ以上の多様な動きがあったものと思われる。
【写真左】途中の郭
 上記したように、当城の郭の数は極めて多く、ある程度の写真を撮っていくと、どのあたりのものだったかわからなくなる。
 記憶に間違いがなければ、「玄蕃ガ平」といわれる当城最大の郭だと思われる。

【写真左】本丸下の郭から、本丸側の石垣跡を見る。
 石積み遺構は全体に崩れた個所が多く、原形を留めている部分は少ない。

 なお、本丸跡の写真も撮っているが、現地はほとんど整理されておらず、雑木笹竹の繁茂した風景のため、割愛させていただく。
【写真左】堀切
 下山途中にみえた堀切。堀切などもこの個所以外に多数あると思われるが、時間がないため確認していない。

【写真左】登城途中から国府町方面を見る。
 本丸からは眺望は全く望めないが、途中の郭付近から北西方向に眺望が確保されている。
 この写真の中央部奥が、国府町や、鳥取市街方面にあたる。

0 件のコメント:

コメントを投稿